LIV MOON CLUB SHOW 2011 GOLDEN MOON -月華月虹-

行ってきましたよ!LIV MOON のライヴ!



17時ちょっと前くらいに渋谷に到着しハチ公口へ。湘南新宿ラインで向かった時のハチ公口の遠さは尋常じゃないね(笑)。そいえば途中、歩く歩道のところで倒れてる女性がいたけど彼女は大丈夫だったかしら・・・。目的の O-EAST は何回も通ってるので特に問題なくスタスタ。しかし休日の渋谷の人の多さにはほんと参ります。根っからの田舎モンのワタシにはとても合いそうにありません(笑)

会場に到着したのは17時15分頃。入場が開始されてから少々経っていたみたいで人がまばらにいるだけだったかな。自分は遅めにチケットを取ったんだけど自分の後ろには人がそんなにいなかったのをみるとチケットはあまり捌ききれてないみたいね(ぴあでも「空席あり」になってたしね)。中に入ってグッズ売り場を見たら多数の人でごった返してたので、こちらは諦めてベストポジションを求めて会場へ。チケットの捌き具合から、そんなに後ろまで詰め込まれないだろうと予想して後ろの柵前でしばし登場を待つことに。会場を見渡すと明らかなメタルファンのおじさんから全身黒ずくめの服を着た女の子(ソロだった)などその客層は多彩。経歴から女性の非メタルのファンもつきやすいのかな。

ライヴ自体はほぼ定刻でスタート。曲順とか覚えてないけど書いてると長くなりそうだから思いついたところを箇条書き(笑)

・やはり1曲目は「死の舞踏」。まあこれしかないなと思っていました。
・自分のまわりは人がまばら。それなりに入っているけどやっぱり人は少ないね。
・4曲目まではずっとアルバム通り。次が Fly でその後 Dance With a Ghost と、セットリストはアルバムの曲順にほぼ準拠。
・曲と曲の間で静かになるのが気になった。変な間で何か声出して盛り上げなきゃいけないかなとかそんな空気に。
・定番の盛り上げフレーズとかあるといいね。ライヴ回数が少なくて定番を作る事も難しそうだけどなんとか!
・Gt大村の客の煽りとか盛り上げ方を見てると慣れてるなーと思うのと、茜嬢(やっぱ嬢でしょw)を良くフォローしてて、良いメンバーだなぁって思った。
・ドラクロワの女神の最後のサビで大村とMASAKIのヘドバンしてる図がすごいカッコいいね。
・バレリーナ・シンフォニーの最後に階段登ったけど、曲終わってすぐ降りてきたのがちょっと演出上どうなの・・・と。
・The Phantom of The Opera で西脇さんが男性Voのところでマイクの前で口パクしてたんだけど歌ってないよね?(笑)
・茜さんのMCの声は非常にかわいらしくって好感度UP(笑)
・でもMC慣れはしてない感じで、だがそれがいいw
・MASAKIのヤカンw
・溺れる人魚の出だしのギターの音が大きすぎて耳障りだった。すぐに気にならなくなったから調整したのかな?
・Escape のはじまりだけで歓声がすごくって人気のある曲なんだなーと。
・Dr前田の存在感が薄い(笑)。メンバーとしてクレジットされてるんだからもちょい主張してもいいんじゃない?
・総合的にはオケの使用も全然違和感なく、自分のとこで聴く分の音のバランスも気にならなかったし、いいライヴでした。

終演後、グッズ購入者には茜嬢と握手が出来るということでダッシュで購入(笑)。最後の最後に握手とちょっとだけ会話させてもらいました。緊張して何喋ったかあんまり覚えてないけど(たぶんライヴ良かったデス~とか、新作楽しみにしてます~とか当たり障りなく、茜嬢の印象に残りそうにないことw)良い思い出として残りました。茜嬢、顔小さい!背おおきい!

今回のライヴはDVDとして6月下旬に発売されるので興味を持たれた人は買うべし!


■LIV MOON - 死の舞踏~ディエス イレ~


■LIV MOON - Escape


■LIV MOON - 月架

[PR]

  by brynhild | 2011-04-26 01:01 | 【音楽】【Review】メタル

<< 【メタル】 Aldious の... L'Arc-en-Ci... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE