【邦楽】L'Arc-en-Ciel / Tierra

f0048809_23291664.jpg
キャンペーン第二段(笑)





通算二作目のメジャーデビューアルバム。前作でのダークゴシックな雰囲気からはやや洗練され、一般リスナーにも比較的聴きやすい内容となっている。全体的に空間処理を施された曲が多く、浮遊感が漂う幻想的な楽曲からはこれこそがラルクと思わせるような世界が広がっている。

メジャーになってレコード会社から言われたのか、メンバーの意思なのか、それとも無意識的かはわからないけど、前述の通り楽曲は洗練させたんだとは思う。が、うまくまとめ上げれてなくて全体的に地味な印象。Blurry Eyes なんてスーパーキラーチューンがあるんだけど、Tierra というアルバムの中の1曲としてはものすごい浮いていて違和感を覚える。逆を言うとシングル曲として採用したのは正解だと思うけどね。メジャーデビューしたラルクの自己紹介アルバムとしての世界観は伝えられたと感じられるけど楽曲がイマイチなものが多くまだまだ発展途上。ちなみにねっとり歌う曲が多く寝てしまいそうにも(笑)

初期のラルクを知る大事なアルバムではあるが、他のアルバムを聴いたあとに興味があれば聴くくらいで。おすすめは #5 Blurry Eyes, #8 風の行方, #10 White Feathers 。次点で #3 Blame 。


■L'Arc-en-Ciel - Blurry Eyes

[PR]

  by brynhild | 2011-04-12 23:31 | 【音楽】【Review】邦楽

<< 【邦楽】L'Arc-e... 【邦楽】L'Arc-e... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE